「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 14日 ( 1 )   

思い出に残るゲーム達(2)   

c0203111_1152480.jpg
ゼビウス【ナムコ 1984年01月発売】
めちゃくちゃハマったシューティングゲームでした。
父と行ったゲームセンターでアーケード版をやったとき、ファミコンと違いリアルで嬉しかった思い出。
初めてBossのアンドアジェネシスにたどり着いたとき緊張で即死。
途中で出てくるバキュラ(って言うんですね)というクルクル回る壁に○○発打ち込めば壊せる等の都市伝説があり、何度もチャレンジしたなぁ。
あとソルとかいうステージに隠れているブツを探し出し弾落として出現させるのが堪らなく面白かった。
最後に無敵モードがあることを知り全面クリアーとなりました。
といっても最初のステージに戻る無限ループなんですけどね。

c0203111_11395560.jpg
ドルアーガの塔【ナムコ 1984年07月発売】
1面で主人公の歩くスピードがクッソ遅くてストレスMAX。
2面でジェットブーツを取ったときの爽快感。快適な速度に。
このゲームが面白いのは確実に2面からと思いますw
各面ではそれぞれ宝物があり出すためには条件がある。全て攻略本頼みでした。
剣、鎧、盾、薬等。出し方が分かっていても面白かったなぁ。
敵との戦いは剣を出して交叉。運の要素が強い。最後の敵ドルアーガは足が超速い。
そんな記憶、大好きなゲームでした。
現代版リアルドルアーガの塔出て欲しいなぁ。

c0203111_13333055.jpg
チャンピオンシップロードランナー【ハドソン 1985年04月発売】
ロードランナーの続編。
CMで主人公がロボットの頭を歩いていく1面のシーンが衝撃的で感動。
発売前に旧ロードランナーの面作りでCMで見た面と同じように作ってみたり。
バンゲリングベイもそうですが子供の頃の自分はCMにやられまくりでした。
遊んでみると1面から激ムズ。これまた攻略本に頼りました。
全部で50面。11面からはパスワードが必要。
50面は特に色々なカラクリがありクリアーしたときは嬉しかったなぁ。
全てのパスワードを解明しハドソンに送ると認定書が貰える。
家に届いたときは嬉しくて飛び跳ねたのを覚えています。
その後どこに行っちゃたんだろう…。
熱くなった思い出に残るゲームでした。





ミニファミコン欲すぅぃぃ~。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
[PR]

by namesan56 | 2017-02-14 00:00 | 思い出に残るゲーム達 | Comments(0)